記事の一覧

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「へ」

カルタ解説

[へ] 便秘なの 下剤でフローラ 悪循環 |  女性にとって便秘は大きな悩みの一つだと思います。確かに、毎日排便が出来ないことで、精神的にイライラするだけでなく、人それぞれ多種多様なトラブルを生じることも事実です。 しかし、毎日の排便を習慣化しようとするあまり、下剤で無理やり腸を動かし排便を促すことが、腸内フローラの状態をも悪化させ、さらなる悪循環を引き起こす結果になる場合も少なくありません。 何日もお通じがなく苦しい状態を回避するために、止むを得ず下剤を処方する場合もあると思いますが、これらの薬剤が必ずしも腸内フローラの状態を改善するとは限らないことを認識すべきです。 食物繊維などによって排便を促すなどの方法は積極的な方法ではありませんが、本来あるべき状態に戻すために何かできるのか、目的を排便ではなく腸内フローラの改善という観点でお考えいただきたいと思います。 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。

不純物を考える

biomeisterの日記

腸内バランスを調えましょうとか、腸内環境を善玉菌優性にしましょう、という言い方をよく聞きます。 腸内細菌を善玉菌と悪玉菌の2つに大きく分けて、そのバランスを論じたものですが、日和見(ひよりみ)菌と呼ばれる、善玉菌にも悪玉菌にも転がる可能性がある菌の存在は別として、どのくらいのバランス比ならば良いのでしょうか。 腸内菌にはその人固有のバランスが存在するはずであり、この問いに明確な答えはないのかもしれません。逆に、善玉菌が多ければ多いほど良いという理論も、いささか乱暴に聞こえます。 そもそも悪玉菌と呼ばれている種類の腸内細菌は、ヒトには不要なものなのでしょうか。筆者は、そもそも腸内細菌を善悪の名称で分けるのは間違いと考えています。悪玉菌と呼ばれる菌も、ある場面では善玉菌に必要な働きをする場合があり、このとき悪玉菌は善玉役として働きます。もちろん、腸内環境が悪玉菌優性に傾くことをお勧めはしませんが、現代の細菌学では、まだそこまで菌の働きが解明されていないのも事実です。 以下、筆者の考え方の元になるいくつかの例をご紹介します。キーワードは『不純物』です。 不純物の功罪-1 絵を描く方には常識か・・・

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「ふ」

カルタ解説

[ふ] フローラだけ 良くても病気は 治らない |  腸内細菌の研究が進み、腸内フローラの状態が私たちの健康に大きく影響を与えていることは、今や常識とさえ言われるようになってきました。しかし、腸内細菌のバランスが安定しているとしても、加齢に伴い菌自体の活性度は低下していくため、免疫機構の一部としての腸内菌の働きも低下していきます。お通じや消化吸収機能とは別に、良好な免疫力を維持できているかという面で、腸内フローラを捉えるべきだと言えます。 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「ひ」

カルタ解説

[ひ] 百種以上 数百億の 腸内菌 |  ヒト腸内には数百兆匹とも云われる腸内細菌が生息しています。私たちの体を構成している細胞の数は約60兆個と云われていますので、その数より多いことになります。 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。

腸内カルタのマニアックな遊び方

カルタ解説

弊社の腸内カルタは元々、乳酸菌や腸内環境の学習用に作ったものです。普通のカルタのように読み札を聞いて絵札を早く取る、というお遊び方だけでは、さほど学習にはなりません。

2019年5月の大豆畑(大豆写真集43)

農場だより

十勝の大地に豆まきの季節が訪れました。近隣の畑でも様々な作物が植えられているようです。最近の十勝は雨が少ないため、芽が出るのは6月に入ってからかもしれません。

2018年10月の大豆畑(大豆写真集42)

農場だより

2018年も台風に翻弄された年でしたが、今回も台風24号が北海道の南岸を通過する予定なので、すこしだけ早めに収穫を開始しました。

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「は」

カルタ解説

[は] 発酵と 腐敗の違い 紙一重 |  菌が栄養分を得て増殖し、代謝物を放出するという作業は、発酵であれ腐敗であれ同じ作業です。私たちがそれを発酵と呼んだり腐敗と呼ぶのは、主体となる菌や培地(栄養源)をコントロールしているか否か、あるいは私たちに有害な物質が代謝されているかどうか、などの違いのみです。 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「の」

カルタ解説

[の] 脳腸相関 第二の脳と 腸を呼ぶ |  腸内と脳が相関している、つまり繋がっていてお互いに何らかの影響があるということが、最近の研究でわかってきました。TV番組でも特集が組まれたりしていますが、実際に腸のどの部分と、脳のどの部分が影響しあっているのかなど、詳しいことはまだわかっていません。 ただ漠然と、腸の調子が悪いとイライラするのは脳とつながっているからだとか、不安があると下痢をする(自律神経系の反応と言われています)など、感じることは多いと思いますが、脳と腸が関係しているという仕組みも次第に明らかになってきたのです。 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「ね」

カルタ解説

[ね] 寝てる間の ターンオーバー 大切に |  皮膚が入れ替わることをターンオーバーとも呼びますが、私たちの表皮がターンーバーする時間帯は、夜の10時頃から夜中の2時頃がゴールデンタイムと言われてきました。夜更かしをしてこの時間帯に睡眠していないと、 傷ついた細胞や入れ替えが必要な細胞の入れ替えが行われにくくなります。 それはそのまま老化を加速する結果にもなるわけです。しかし最近では、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後の3〜4時間であって、特定の時間帯には限定されていないという説が有力になってきています。いずれにしても、夜は早めにしっかりと睡眠をとるということが、老化を遅くし美容にも効果的であることに変わりはありません。 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 13

ページの先頭へ