「製品開発日記」の記事一覧

大豆コーヒー

製品開発日記

いつも生豆から焙煎(ロースト)してコーヒーを飲んでいますが、今日は(無農薬)大豆を焙煎して大豆コーヒーなるものを作ってみました。大豆はコーヒーではありませんが、巷ではノンカフェインの大豆コーヒーとして認知され、市販されているようです。 ←まずは無農薬大豆を120gほど計量しました。いつもは焙煎機の都合で生豆を120gで焙煎しているので、比較しやすいからです。 ←自動焙煎機に生大豆を投入。ちなみに、この大豆は昨年2020年末に収穫され、弊社冷蔵倉庫で冷蔵保管されている最新の無農薬大豆です。 ↑ 焙煎後の大豆はこんなかんじ。そのまま食べてみましたが、少し苦味が多く、焙煎しすぎたことが分かりますが、

乳酸菌生産エキスとアレルギー

製品開発日記

乳酸菌生産エキスは、大豆を乳酸菌などの腸内細菌で発酵させ、エキスを抽出したものです。菌が大豆の成分を栄養源として、別のものに作り変えていくことが発酵過程ですので、大豆をそのまま食べた際に起こる、大豆アレルギーの原因となる大豆タンパクはほぼ、腸内細菌によってアミノ酸の大きさまで分解されてしまいます。そのため、大豆アレルギーを持つ方が乳酸菌生産エキスを摂った場合に、大豆アレルギーを発症する可能性は極めて低いと考えております。参考としまして、乳酸菌生産物質の中に大豆由来のタンパク質などのアレルゲンが含まれているかどうかの、詳しい分析結果をお示しします。結果は陰性ですので、他の食品同様に大豆アレルギー

粉体加工について

製品開発日記

弊社で乳酸菌生産エキスを粉体化してスティックに詰めた場合、そのスティックの中に元々の原液が何グラム入っているのか、ということについて解説します。 弊社の「回揮源100」は、乳酸菌生産エキス原液100%に加えて菌体成分を製造限界の40%まで粉体化し、乳酸菌エキスと菌体のダブル成分で実現できる高機能が特徴です。

エバポレータが壊れた

製品開発日記

実験中にエバポレータのフラスコが割れてしまった。  原因はフラスコを支えているベーパーダクトが、受け側に固着してしまったことのようだ。買って1年くらいしかたたないのだけど、フラスコの受け部分だけでなく、ダクトの中も時々グリスアップが必要だと・・・

市販されている豆乳のBrix(固形分)

製品開発日記

実際の話、今回用意ような有機豆乳で豆腐を作ったとすると、一丁を何百円かで売らないと採算が取れません。 ですので、薄~い豆乳を作ってニガリで固めて、なるべくたくさん作らなくてはなりません。そのようにコストを下げて作ったとしても利益が出ないので、お豆腐屋さんは日本全国で年間80件以上が廃業しているのが現状です。さて、この無調整有機豆乳はどのくらいの固形分があるのでしょうか。

「製品開発日記」の記事一覧

ページの先頭へ