お問い合わせフォーム

最新情報

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「ね」

[ね] 寝てる間の ターンオーバー 大切に 皮膚が入れ替わることをターンオーバーとも呼びますが、私たちの表皮がターンーバーする時間帯は、夜の10時頃から夜中の2時頃がゴールデンタイムと言われてきました。夜更かしをしてこの時間帯に睡眠していないと、 傷ついた細胞や入れ替えが必要な細胞の入れ替えが行われにくくなります。 それはそのまま老化を加速する結果にもなるわけです。しかし最近では、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後の3〜4時間であって、特定の時間帯には限定されていないという説が有力になってきています。いずれにしても、夜は早めにしっかりと睡眠をとるということが、老化を遅くし美容にも効果的であることに変わりはありません。 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。・・・

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「ね」

[ね] ネバネバが 腸内細菌 好きなのよ 水溶性食物繊維とは水に溶ける性質を持った食物繊維です。フコイダンやペクチン、ムチンなどいろいろな種類がありゲル状になったりネバネバしたものが多いのが特徴です。 便秘の時に摂取した方がいいのはこの水溶性食物繊維です。ゲル状・ネバネバといった性質から便が腸の中をツルリと移動しやすく、保水性も高いため便の水分量を増やしやわらかくするため便通の改善に役立ってくれます。 水溶性食物繊維は不溶性食物繊維に比べ腸内細菌に分解されやすく、腸内の善玉菌を増やす効果も期待できます。水溶性食物繊維が多い食材順に表示すると、 らっきょう エシャロット にんにく ごぼう えだまめ オクラと続きます。今までのネバネバのイメージと、かなり違いませんか? 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。・・・

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「ぬ」

[ぬ] ぬるま湯は 腸内菌の 好きな温度 腸内細菌に限らず、菌類にはそれぞれ生きていくために最適な温度があり、それを至適(してき)温度と呼びます。食品を冷蔵庫で長い時間保存することができるのは、食品中の雑菌やバイキンなどは常温ではどんどん増殖して食品を腐らせるなどの害を与えますが、4 ℃ほどまで温度を下げ冷やすことで、至適温度から温度を下げ、菌の活動ができないようにするからです。腸内細菌が好きな温度は私たちの体温と同じ温度。ちょうどぬるま湯の温度くらいとも言えます。 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。・・・

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「に」

[に] 乳酸を 生産するから 乳酸菌 細菌学者として有名なパスツールは、糖から乳酸菌が乳酸を作り出すことを発見しました。これを乳酸発酵と呼びますが、乳酸発酵には大きく分けて2種類があります。 ヒトの腸内にいる乳酸菌のように単に乳酸を生成する乳酸だけを生成するホモ乳酸発酵と、乳酸の生成と同時に他の種々の生成物(エタノール、酢酸、炭酸ガスなど)を生成するヘテロ乳酸発酵があります。 醸造メーカーなどはヘテロ乳酸発酵を行う乳酸菌を選んで製品を作り出します。 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。・・・

弊社で販売している腸内カルタの、読み札の解説をしていきます。本日は「に」

[に] 人間の 細胞より多い 腸内菌 お金に変えれば 大金持ち ヒト腸内には数百兆匹とも云われる腸内細菌が生息しています。私たちの体を構成している細胞の数は約60兆個と云われていますので、その数より多いことになります。 もし腸内細菌1匹を1円と感情すれば、腸内細菌は数百兆円に匹敵する数ということになります。 ちなみにそれらの腸内細菌の重さは約1Kgですので、同じ発音の金の価格が1gで5.000円(2017年12月)と同等だすると500万円相当の重さになります。 腸内フローラや腸内環境について勉強したい方は、参考にしてください。 腸内カルタ を買ってくださった方にはパスワードを発行し、全ての読み札の解説が載っているサイトに入れるようになっています。・・・

ページの先頭へ